eNett の社会的貢献。

当社のプログラムについて。

eNett は、旅行とグローバリゼーションが世界に与える良い影響を実感できるという恵まれた立場にあります。その中で、経済発展によって元の場所から追い出された現地のコミュニティを無視することはできません。私たちは、そういう人々の力になりたいと考えています。
そこで毎年、私たちは対象となる国、あるいは目標を 1 つ選んでいます。経済発展によって場所を追われたコミュニティが直面する課題へと人々の注意を向け、そこでの暮らしを改善するために実践的な方法で取り組んでいます。

他とは違うやり方をするという考えに基づいて、単に慈善団体に寄付を行うだけでなく、問題に深く取り組み、恵まれない人々が望む具体的な物品を提供します。これこそが「eNett の社会的貢献」です。主要な旅行観光地に住む恵まれない人々に教育の機会を与え、奨励し、必要な物を揃えていくのです。

2017 年 : eNett の社会的貢献 - 南アフリカ。

今年は、南アフリカ共和国のケープタウンに焦点が当てられています。

旅行と観光は南アフリカ共和国の重要産業であり、南アフリカの GDP と雇用総額のほぼ 10% を占めています。
しかし、その人口の 23% は貧民街で暮らしています。小学校を卒業できない児童も全体の約 25% に上ります。
より高いレベルの教育と識字率を実現することで、より良い未来を構築するために必要なスキルを地域社会に提供することが可能になります。

教育の障害の 1 つとなっているのが、貧弱な社会インフラです。そこで私たちは、Mellon Educate と協力して、南アフリカ共和国のケープタウンの校舎改築を支援しました。

2016 年 : eNett の社会的貢献 - カンボジア。

昨年、私たちは「eNett の社会的貢献」を立ち上げ、その対象となる最初の国としてカンボジアを選びました。現地の人々とともに、私たちは以下のことを行いました。

旅行業界で新しいキャリアを築くために現地のカンボジア人に研修の機会を提供。
1 人の少年の英語の勉強のための資金を提供。
地元の孤児院にボランティア支援を提供。
教育を受ける子供たちの母親に収入を得るためのスキルを提供。